女性コミュニケーションブランディング

atのコミュニケーションブランディングの特徴

マーケット分析
価値創造
マーケティング設計

女性分析を活かしたキメ細やかなターゲティング。
売れる市場を掴みます。

一口に女性と言ってもタイプは様々、購買行動も全く異なります。
女性分析を活かしたキメ細やかなターゲティングを行い、商品に合った「売れる市場」を掴みます。

「商品の強み」×「女性のインサイト」で
売れるポイントを創ります。

企業のウリがそのまま、女性にとって魅力になるとは限りません。
商品・サービス・会社の強みにおいて、購買スイッチはどこにあるのか。売れるポイント創りだします。

女性のココロに刺さる、マーケティング設計を行います。

顧客像によって異なる購買プロセス(顧客のメディア接触ポイント)を探り、
購買の各ステップで施策を策定。女性のココロに刺さるマーケティング設計を行います。

なぜコミュニケーションブランディングが重要か?

一度価格競争に陥ってしまうと、そこから抜け出すことは容易ではありません。
価格競争に巻き込まれずに、商品やサービスをお客様に買っていただき、愛され続けることは、
長期的な経営安定につながります。そのためには、ブランド戦略をしっかり策定することが重要です。

ブランドは資産です。
atでは、特に女性消費者が重視する「コミュニケーション」の在り方を視野に入れた、
ブランド価値を高めるマーケティング施策を計画・実行する
「コミュニケーションブランディング」を強化しています。
ビジュアル化と行動化がバランスを保ち高めあっていくことが大切です。

ブランド戦略は、消費者・顧客に対してはもちろんのこと(売上げアップ)、
社内や協力会社に対しても効果があり(ESアップ・採用)、
このような点からも長期的な経営安定を支えていきます。

ブランディング

主なサービス

共感コンセプト設計

顧客が商品・サービスに共感する価値キーワード抽出。
また、女性のココロに響くコンセプトコピー、キャッチフレーズを作成します。

ペルソナ設計

ペルソナ(顧客像)のライフスタイルを作成し、イラスト化。潜在ニーズを探ります。

購買プロセス設計

カスタマージャーニー(顧客のメディア接触ポイント)を探り、
各ステップでの販促手法等を設計します。

ネーミング

女性のココロを掴むネーミング案を作成します。

CI / VI

共感するコンセプトに基づいた女性のココロを掴むCI、VIを作成します。

活動紹介



  

お問い合わせはこちら

Page Top ▲