女性客のココロを動かす営業トークのツボ

13692743_638042606354174_3026349946115981304_n

 

女性を接客してもなかなか心が動かせず、商品を購入してもらえないとお悩みの方は、トークの「順番」に問題があるかも。

TOYOTAでは営業マン研修で「FSVの三段論法」を学ばせます。

「FSV」とは、

Fact=事実、Scene=活用シーン、Value=価値、の略。

商品を売るのではなく価値を売れ、ということですね。

 

これはこれでいいのですが。。。。。

  
この話法が実はオンナには響きません。

それは話の順番に問題があるからです。

今やTOYOTAでも、女性客には別の順番でトークするよう教えています。

  
それが「SV+F話法」

女性はまず自分への共感(Scene)を求めます。

そのうえで価値(Value)を知り、スペック(Fact)は最後、何ならなくてもいいくらい。

つまり「SV+F」なのです。
  

これを私たちは「あるある話法」と呼んでいます。

「こんな困ったことありませんか?」と聞かれると、「私のことわかってるのね」と自分への共感を感じる女性たち。

そして「あるある!」と思った時にやっと話の中身に興味を持つのです。

ちなみに、そのためのスペックがどうなのかについては、正直あまり興味がありません。
  
それなのに、ほとんどの営業マンはいきなりスペック(Fact)を話しかけてきます。

ここでオンナの購入熱はサーッと冷めるのです。

詳しく説明されればされるほどうんざりしてきます。
 
思い当たるフシはありますか?

営業トークだけでなく、チラシやパンフも一度見直してみましょう。

 

atの営業トーク開発の特徴

お問い合わせはこちら

Page Top ▲